PostgreSQLのバージョン:

archive_command

完了したWALファイルセグメントのアーカイブを実行するローカルのシェルコマンドです。文字列内のすべての%pは、格納されるファイルのパスで置き換えられ、そして、%fはファイル名のみ置換します。(このパス名はサーバの作業用ディレクトリ、つまり、クラスタのデータディレクトリからの相対パスです。)コマンド内に%文字そのものを埋め込むには%%を使用します。コマンドが成功した場合にのみ終了ステータスゼロを返すことが重要です。より詳しくはbackup-archiving-walを参照ください。

このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみ設定可能です。サーバ起動時にarchive_modeが有効でなければ、これは無視されます。archive_commandが空文字列(デフォルト)、かつ、archive_modeが有効な場合、WALアーカイブ処理は一時的に無効になりますが、コマンドが後で提供されることを見越して、サーバはWALセグメントの蓄積を続けます。例えば、/bin/true(WindowsではREM)のように、真を返すだけで何もしないコマンドをarchive_commandに設定すると、実質的にアーカイブ処理が無効になりますが、アーカイブからの復帰に必要なWALファイルの連鎖も同時に断ち切るため、特別な場合のみ使用するようにしなければなりません。

推奨事項 [EN]

All of the Archiving settings are part of a Point In Time Recovery or Warm Standby configuration. Please see the Backup and Restore section for more information.

件のコメント

postgresqlCO.NFで (OnGres) 私たちはあなたのプライバシーを大切にし、すべてのデータを非常に真剣に扱います。 私たちは完全にGDPRに準拠しており、データの保管、保持、コンプライアンスの仕組みを継続的に監視し、改善しています。

このWebページには個人識別情報(PII)は含まれていません。

このウェブサイトには、PostgreSQL.orgプロジェクト、およびAnnotated.Conf(許可付きで使用されています)を参照してください。

利用規約やプライバシーポリシーに関する質問や懸念がある場合は、 dataprotection _at_ ongres _dot_ com.

はい