PostgreSQLのバージョン:

array_nulls

これは、配列入力パーサが引用符のないNULLをNULL配列要素として認識するかどうかを制御します。デフォルトでは、これはonで、NULL値を持つ配列値を入力することができます。しかし、8.2より前のバージョンのPostgreSQLでは、配列内のNULL値をサポートしておらず、NULLNULLという値の文字列を持つ通常の配列要素として扱っていました。古い動作を必要とするアプリケーションの後方互換性のため、この変数をoffにすることができます。

この変数がoffであっても、NULL値を含む配列値を作成することができることに注意してください。

推奨事項 [EN]

Provided for compatibility with 7.4 behavior.

件のコメント