PostgreSQLのバージョン:

autovacuum

サーバがautovacuumランチャデーモンを実行すべきかどうかを管理します。デフォルトでは有効です。しかしautovacuumを作動させるためにはtrack_countsも有効でなければなりません。このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみで設定されます。ただし、テーブルストレージパラメータを変更することにより、autovacuumは個々のテーブルに対して無効にできます。

このパラメータが無効であったとしてもシステムは、トランザクションIDの周回を防止する必要があれば、autovacuumプロセスを起動することに注意してください。詳細はvacuum-for-wraparoundを参照してください。

推奨事項 [EN]

Starts the daemon which cleans up your tables and indexes, preventing bloat and poor response times. The only reason to set it to “off” is for databases which regularly do large batch operations like ETL. Note that you can adjust the frequency or stop autovacuum on individual tables by adding rows to the pg_autovacuum system table.

件のコメント

postgresqlCO.NFで (OnGres) 私たちはあなたのプライバシーを大切にし、すべてのデータを非常に真剣に扱います。 私たちは完全にGDPRに準拠しており、データの保管、保持、コンプライアンスの仕組みを継続的に監視し、改善しています。

このWebページには個人識別情報(PII)は含まれていません。

このウェブサイトには、PostgreSQL.orgプロジェクト、およびAnnotated.Conf(許可付きで使用されています)を参照してください。

利用規約やプライバシーポリシーに関する質問や懸念がある場合は、 dataprotection _at_ ongres _dot_ com.

はい