PostgreSQLのバージョン:

autovacuum_freeze_max_age

トランザクションID周回を防ぐためにVACUUM操作が強制される前までにテーブルのpg_class.relfrozenxid フィールドが到達できる最大(トランザクションにおける)年代を指定します。自動バキュームが無効であった時でも、システムは周回を防ぐために自動バキューム子プロセスを起動することに注意してください。

vacuumは同時にpg_xactサブディレクトリから古いファイルの削除を許可します。 これが、比較的低い2億トランザクションがデフォルトである理由です。 このパラメータはサーバ起動時にのみ設定可能です。しかし、この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルで減らすことができます。詳細はvacuum-for-wraparoundを参照してください。

推奨事項 [EN]

Triggers autovacuum automatically if a table is about to suffer from XID rollover. The setting is very conservative, and should probably be increased to 500million, but not higher.

件のコメント