PostgreSQLのバージョン:

autovacuum_multixact_freeze_max_age

トランザクションID周回を防ぐためにVACUUM操作が強制される前までにテーブルのpg_class.relminmxid フィールドが到達できる最大(マルチトランザクションにおける)年代を指定します。自動バキュームが無効であった時でも、システムは周回を防ぐために自動バキューム子プロセスを起動することに注意してください。

またマルチトランザクションIDのvacuumはpg_multixactpg_multixact/offsetsサブディレクトリから古いファイルの削除します。 これがデフォルトが4億トランザクションをやや下回る理由です。 このパラメータはサーバ起動時にのみ設定可能です。しかし、この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルで減らすことができます。詳細はvacuum-for-multixact-wraparoundを参照してください。

推奨事項 [EN]

Triggers autovacuum automatically when the oldest “multixact” (a kind of lock transaction) is more than this old. Do not raise past 1billion.

件のコメント

タイプ: integer
デフォルト: 400000000
分: 10000
最大: 2000000000
コンテキスト: postmaster
再起動: true
以来: 9.3

On pgsql-hackers

postgresqlCO.NFで (OnGres) 私たちはあなたのプライバシーを大切にし、すべてのデータを非常に真剣に扱います。 私たちは完全にGDPRに準拠しており、データの保管、保持、コンプライアンスの仕組みを継続的に監視し、改善しています。

このWebページには個人識別情報(PII)は含まれていません。

このウェブサイトには、PostgreSQL.orgプロジェクト、およびAnnotated.Conf(許可付きで使用されています)を参照してください。

利用規約やプライバシーポリシーに関する質問や懸念がある場合は、 dataprotection _at_ ongres _dot_ com.

はい