PostgreSQLのバージョン:

autovacuum_vacuum_cost_delay

自動VACUUM操作に使用されるコスト遅延値を指定します。 -1に指定されると、一定の vacuum_cost_delayの値が使用されます。デフォルト値は20ミリ秒です。このパラメータはpostgresql.confファイル内、または、サーバのコマンドラインのみで設定可能です。この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルに対して上書きすることができます。

推奨事項 [EN]

If autovacuum is having too much of a performance impact on running queries, you might want to increase this setting to 50ms. However, this will also cause individual vacuum tasks to take longer.

件のコメント

postgresqlCO.NFで (OnGres) 私たちはあなたのプライバシーを大切にし、すべてのデータを非常に真剣に扱います。 私たちは完全にGDPRに準拠しており、データの保管、保持、コンプライアンスの仕組みを継続的に監視し、改善しています。

このWebページには個人識別情報(PII)は含まれていません。

このウェブサイトには、PostgreSQL.orgプロジェクト、およびAnnotated.Conf(許可付きで使用されています)を参照してください。

利用規約やプライバシーポリシーに関する質問や懸念がある場合は、 dataprotection _at_ ongres _dot_ com.

はい