PostgreSQLのバージョン:

bgwriter_delay

バックグラウンドライタの動作周期間の遅延を指定します。それぞれの周期でライタは、(以下のパラメータで管理される)一部のダーティバッファの書き込みを行います。そしてbgwriter_delayミリ秒スリープした後、これを繰りかえします。しかし、バッファプールにダーティバッファが存在しない場合、bgwriter_delayに係わらずより長くスリープします。デフォルトの値は200ミリ秒(200ms)です。多くのシステムで、スリープ遅延の実精度は10ミリ秒です。bgwriter_delayの値の設定を10の倍数としない場合、次に大きい10の倍数に設定した結果と同一になるかもしれないことを覚えておいてください。このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインで設定可能です。

推奨事項 [EN]

Thanks to bgwriter autotuning, it should no longer be necessary for most users to touch the bgwriter settings. Only modify these if you have a demonstrated issue shown by checkpoint spikes and monitoring pg_stat_bgwriter. Laptop PostgreSQL users may want to increase bgwriter_delay to 60s to decrease I/O activity, since it is no longer possible to turn the bgwriter off.

件のコメント